FC2ブログ

  • 未分類 カテゴリーの一覧

2012年08月24日(金) 記事No.22
「あなたのしていることは良くありません。あなたも、あなたといっしょにいるこの民も、きっと疲れ果ててしまいます。このことはあなたには重すぎますから、あなたはひとりでそれをすることはできません」(出エジ18:18)

 一日中、民のあらゆる問題について裁いていたモーセの姿を見たしゅうとイテロの言葉です。私たちはしばしば、何でも自分でやらなければいけないと思い込み、一人で頑張りすぎてしまいます。それはもしかしたら、自己犠牲による愛の精神のつもりかもしれません。他の人のために、自分さえ我慢すれば、自分だけが苦しめば済むのではないかと思っているのかもしれません。しかしながら、このみことばによれば、これは良くないのです。自分だけでなく、この民もみんな疲れ果ててしまうだろうと言うのです。その理由は何でしょうか。はっきりしています。ひとりでするには、あなたには重すぎるからです。

 私たちもまた、この現実をきちんと受け止めなければいけません。できない人だと思われたくないという動機や、自分がやらないと誰もできないからなどの動機で、背負い込むことは正しくありません。私たちはすべてを背負うことはできないのです。できない自分、限界を持つ自分を受け入れて、他の人に助けてもらうこと。この事が結果として、自分だけでなく、私たちの周りの人をも助けることになります。

 歪んだ万能感、歪んだ自己犠牲の精神、歪んだ完璧主義から解放され、お互いに平安に歩めるようにしたいものです。神様はそういう人の弱さを知っているので、このようなみことばによって教えておられるのです。

「もし、あなたがこのことを行えば~ 中略 ~ あなたはもちこたえることができ、この民もみな、平安のうちに自分のところに帰ることができましょう。」(出エジ18:23)
スポンサーサイト
未分類 |  記事を編集 | 

2012年08月16日(木) 記事No.21
 かつて以下のような事をある本で読んだことがあります。

 人は、お金のために働いて健康を失い、健康を取り戻すためにお金を使う。家族のために寝ずに働いて立派なマイホームを手に入れるが、家族の交わりは崩壊し、借金と空っぽの家だけが残る。

 考えてみれば、なんとも滑稽で、そして切ないことではないでしょうか。人は幸せを求めて頑張っているのに、どうして幸せになれないのでしょうか。それはボタンをかけ違えているからです。一番上のボタンをかけ違えれば、すべてずれてしまいます。ですから、一番上のボタンを神様にしっかりと合わせる事を大事にしたいですね。そういう意味でも、神様ご自身が「安息を大事にせよ」と言われた事は本当に大きな事だと思わされます。週に一度は完全に休めと命令される神様は、なんと優しく配慮に富んだお方でしょうか。

「主があなたがたに安息を与えられたことに、心せよ。」(出エジ16:29)

 神様は七日目は完全な安息の日にして、神の前に心も体も家族みんなで安らぐ時を必ず持ちなさいと教えておられます。ですので、荒野で食べ物に困った民に対して、神様は6日目まではマナという食べ物を降らせて、それを集めさせるのですが、七日目の分は六日目にまとめて与えたのです。中には欲張りで七日目にマナを探しに出た者がありました。けれど、神様はいつまでわたしの命令を守らないのかとお怒りになり、もう一度くぎを刺されたのでした。

「それで民は七日目に休んだ。」(出エジ16:30) 

神の前に休むことは怠けることではなく、神が下さる幸せな祝福に満ちた愛の戒めなのです。


未分類 |  記事を編集 | 

2009年01月02日(金) 記事No.13

 A.D.2009年を迎えました。

 A.D.とは、「アンノ・ドミニ」の略ですが、主(キリスト)の年(時代)という意味です。

 すなわち、キリスト降誕を境に、

 主キリストの時代の2009年目を迎えているという

 意味になります。

 世界の時代区分の基盤となられたキリスト

 この方の主権のもとに、この新しい1年も歩めるのだと思うと

 キリストを信じる者にとって、大変心強いものとなります。


 「これもあれも神のなさること。」(伝道者7:12)

 すべてはこの世界の創造主なる神様の御手にあること。

 その方が悪いお方ではなく、

 善なる神、愛の神であることを思うと

 私たちはただ、この方の手に引かれて歩めば良いのだと

 気持ちが楽になります。

 あなたもキリストにその身をあずけて、

 心安らかに、真の喜びを得て歩んでいきませんか?
 
未分類 |  記事を編集 |