FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2013年04月26日(金) 記事No.39
神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」 (創世記2:18)

より若い頃、他の人の手を借りることがなかなかできませんでした。他の人の手をわずらわせるのが申し訳ないという思い。あるいは、手を借りることは自分で頑張ることを「あきらめること」だと思っていたのでしょうか。自分がいっぱいいっぱいになるほど頑張っていました。確かに自分で頑張ることをせず、最初から「人任せ」では良くないのでしょう。しかしながら、人はそもそも助け合い、協力して何かをする存在として創造されたということを忘れてはいけません。人は「共に歩む」ことで初めて、その輝きを増しより豊かな働きをすることができます。また、成長とは誰かと共に歩む中にあって与えられるものなのではないでしょうか。サッカーの本田圭佑選手について、NHKのプロフェッショナルという番組でやっていました。自分が点を取ることばかり考えていた時、仲間から信頼されずパスがまわって来なかった。チームも結果を残せない日々が続いた。しかし、他の人を生かすプレイをするようになった時、自分にもパスがまわり、チームが変わってきました。一人で歩んでいては気づかない事も、他の人と共に歩むことで気づかされ養われていきます。私も色々な人が神様の働きにもっと生かされ、用いられたらと心から願うようになりました。あの人がこの働きに一緒にいてくれたらいいのに!あの人ならここで賜物を発揮できるのに! そう思えるようになったのは、自分の能力の無さを嘆くことから解放されたからかも知れません。自分にないものは、他の人にいっぱい補ってもらえばいい。そしてその交わりの楽しさは、神様からの恵み以外のなにものでもないのです。詩篇133:1「見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、 なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。」

スポンサーサイト
ショートメッセージ |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。